徒然日記(仮)

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コックリ
「繰繰れ!コックリさん」ガンガンJOKER3月号にて掲載中でーす。
よろしくお願いしまーす。

3月号では俺修羅でちょこっとパロに使って頂いたり嬉し恥ずかし恐縮でございます。

そういえば今月はコックリさんの煽り分がとても長いのであった。
煽りでギネスを狙っているのではと勘ぐらずにはいられないのです。
そのうち、扉の絵を鬼畜に埋め尽くす400字詰めの原稿用紙2~3枚分くらいの煽り超大作が来るのではと密かに予想中であります。超斬新。


原稿終わって、眠りについて
目覚めたとき、まだ暗くて早朝かと思ったら、日没後だったでござる。
悲しかったのでガラスの仮面を買いに本屋へ走ったのであった。

真澄さまがスマホを持っていたからという訳ではないが
少し前に貴族の端末iPhoneに機種変更した。
スマホなのでパケ放題できる貴族のプランである
なんと外でも心おきなくネットが出来る、都会のコンクリートジャングルでの遭難とは無縁になるのだ!
そう…このアイフォーンならね!

主に担当さんと連絡を取る為のトランシーバーでしかない携帯電話(よく携帯しそこねる)とiPod touchを一本化したかったのであった。

image.gif

デコメ絵文字が描けるお絵びを見つけたので
とりあえずコックリさんを描いてみたのであった
耳の先が黒く無いとか気にしてはいけない。
上手く描けなかったが、上手くないのはいつもの事なので気にしてはならない、心が折れるからである。
心にバネのないゆとり世代を舐めてもらっては困る!円周率はπだ!

コックリさんといえば最初の段階で
高飛車で高慢で他者を見下して、九尾以上の妖狐か神使で(お稲荷さんの系列が良い)
じじい口調かちょい古風な口調でツンデレで軽くナルぽいのにしたいと思ったのだった

よくいる、お人好しなじゃじゃ馬系ヒロインにちょっかいかけられてツンツンして
「小娘風情が…私と対等なつもりか?」
「目障りだ、二度と私に関わるでない!」みたいなこと言って
それでも物怖じせず関わってくるヒロインにタジタジして
喧嘩もしくは別の理由で、しばらく会わなくなって
「いなくなってせいせいしたわ……」
「アイツがいないとこんなにも静かなのか…」
「あの小娘…今頃何を…………………いやいやいや私は何を考えてるんだ」フルフル
などとややデレ初めて

その後、妖怪とかに襲われるヒロインをナイスなタイミングで助けに来るんだぜ!
ふわりって優雅に間一髪の所で涼しい顔して現れて、白い細腕に持った扇子とかで敵の攻撃を受け止めるのだ
「青二才が……退けと言ったのが聞こえぬのか?」
「良かろう、では教育してやろう」
「神の使いに弓引く事がいかなる意味を持つか……」
「その身に教えてやろう」
とか偉そうにベタな台詞を吐いて雑魚どもをウキウキジェノサイドするのだ

ヒロインを突き放した理由も過去に人間の恋人が自分に関わったせいで死んでしまったとかベタな理由なのだ

最終的に
「うつけめ…だから私に近づくなと言ったのだ」
「もうよい…お前が人の話を聞けぬ阿呆だとは充分わかったわ」
「私の目に映る範囲にいろ…お前はそそっかしくてかなわん」
などとツンデレるベタなお狐様はジャスティス!
意外性なんていらない!テンプレこそがジャスティス!正統派お狐様カマン!!!

と思ってお狐様を描いた時、何故かデレデレしたオカンがそこにいたのだった。なんというミステリー!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。